Scenery of Japan Blog

風景・ネイチャー・アウトドア・田舎・京都・歴史・文学・芸術・気象など、さまざまな分野の写真とエッセイを掲載していきます。

*

ヒューマノイドが村にやって来た(電子書籍 amazon Kindle版)

      2015/06/27

‰ü’ù-•Ž†-3<あらすじ> 
 近未来、少子化と人口の減少が続き、ある村では過疎化が進んでいた。 
 その村で、海外製のヒューマノイド(*1)と共に暮らす実験が行われることになった。 
 子ども型と若者型のヒューマノイドが計40体、医師型・看護師型が各1体、警備員型・ 救助隊員型が各4体、全体で計50体が派遣された。 
 人間とヒューマノイドとの間に、失敗や勘違い、不満といら立ち、笑いと悲しみが繰り 広げられていく。
 人間からの評価(ほめられる回数の競争)により、ヒューマノイドに〝悩み〟が生じた。 反面、人間とヒューマノイドの間には、お互いを思いやる心が生まれる。

 人間はヒューマノイドに何を求めるのか? 
 人間はヒューマノイドから何を学ぶのか?
 ヒューマノイドは人間に何を求めるのか? 
 ヒューマノイドは人間から何を学ぶのか?

 全てのヒューマノイドはスーパーAI(人工知能)により行動と思考が管理されているはずだった。
 突発的に独自の思想を持ち、人間に三つの自由を求めたヒューマノイド は危険と判断され、人工頭脳を破壊されてしまう。 
 ヒューマノイドたちの明日は、製造した側の都合だけで決められていた。

 - 地球・SF

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地球・SF-全球凍結(スノーボール・アース) 地球は氷で覆われていた?!

全球凍結(スノーボール・アース)とは  地球全体が氷河で覆われた状態のことである …